サービスService

雇用形態・会社の事業存続雇用形態・事業存続の再構築

「雇用という形態以外でも事業の存続は図れます。フランチャイズ、合弁事業などのアライアンスにより、雇用関係から生じるリスク・負荷をバランスよく軽減し、新しい時代にあった途を模索することも重要です。」

人材難の時代、仕事はあるのに、人がいないから対応できない、さらには会社が存続できない、ということも起こり得る時代です。
雇用というものに対する会社の考え方、戦略を早期に再整理し又は見直し、事業存続のために常に先手をうてるように態勢を整える必要があります。

正社員、非正規社員の有効的活用、また、事業の担い手を雇用だけに頼るのか、人材のアウトソーシングや、又資本家としての事業とのかかわり方そのものを見直すことも必要かもしれません。
当事務所では、例えばフランチャイズ契約関係の契約ノウハウ、プロジェクトノウハウを経験として累積しておりますので、これらの形態を含めた戦略の立案をご提案、ご相談対応いたします。

雇用形態・会社の事業存続

【具体例】
  • ・フランチャイズ契約(特にフランチャイザーとなることを考える場合)の総合的なアドバイス、契約書作成
  • ・会社売却、経営委託のご相談、サポート
  • ・販売代理店制度や技術ライセンス契約などの検討

pagetop

お電話でのお問い合わせ

Tel0120-558-618

営業時間:午前9時から午後5時

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちらお問い合わせはこちら